タイ歴史

アジア

マジャパヒト王国

ヒンドゥー教国家マジャパヒト王国 マジャパヒト王国はジャワ島を拠点に1293年から1527年頃まで栄えたヒンドゥー教国家である。マジャパヒト王国は1350年から1389年にかけて広く東南アジアを支配していたと考えられているが、こ...
アジア

パタニ王国

マレー系王国の中で最も古いパタニ王国 マレー半島を中心に現在タイのパタニやナラティワートと現代マレーシアの北部の大部分を支配下におさめていたマレー人による王国。1584年頃に王国の経済力と軍事力が大幅に向上し、アユタヤ王朝からの...
アジア

ラーンサーン王朝

ラオスの前身となったラーンサーン王朝 1353年から1707年の間、メコン川中流域を中心に発展を遂げた王朝。ラーンサーン(Lan Xang)は百万頭の象を意味し、その名の通り、強力な王権と軍事力を持ち、現在のラオスに当たる領域を...
アジア

ラーンナー王朝

北部独自の文化が花開いたラーンナー王朝 マンラーイ王によって1292年に建設された王朝。時代によって異なるがチェンマイなどタイ北部に都がおかれ、ラーンナー王朝と同時期に南方で繁栄していたスコータイ王朝やアユタヤ王朝とは異なる形で...
アジア

スコータイ王朝

タイ族最初の王朝スコータイ朝 1238年から1438年まで存在したタイ族最初の王朝。首都スコータイはチャオプラヤー川の支流ヨム川沿いに位置する。ラムカムヘーン王の時代に最盛期を迎え、多くの寺院が建立された。スコータイ歴史公園には...
アジア

アユタヤ王朝

400年もの間栄えたアユタヤ王朝 アユタヤ王朝は1351年にチャオプラヤー川下流域のアユタヤにて誕生し隣国ビルマに興った諸王国との戦争を繰り返しながらも1767年にコンバウンビルマの侵攻により滅亡するまで実に約400年間繁栄し続...
アジア

トンブリー王朝

15年という短命に終わったトンブリー王朝 トンブリー王朝は現在まで続くチャクリー王朝の前の王朝にあたり、1767年から1782年までの15年という短さで幕を閉じてしまった短命の王朝でもある。コンバウンビルマによって滅ぼされたアユ...
アジア

ランカスカ王国

商業港として栄えたランカスカ王国 ランカスカは、マレー半島にある古代マレー(ヒンドゥー仏教)王国である。名前はサンスクリット語に由来し、「輝かしい土地」を意味する「langkha」と「至福」を意味する「sukkha」の組み合わせ...
アジア

チャクリー王朝

現在まで続くチャクリー王朝 のちにラーマ1世と呼ばれることになるチャオプラヤー・チャクリーは1782年にタークシン大王を処刑。王位を剝奪し、チャオプラヤー川に囲まれたラッタナーコーシン島に王宮を構え現在まで続く王朝の王として即位...
アジア

シュリーヴィジャヤ王国

貿易の中心として繁栄したシュリーヴィジャヤ王国 スマトラ島東南部からマレー半島にかけて、7世紀頃から繁栄したマレー人の王国。扶南に代わって東南アジアの貿易の中心として繁栄した港市国家であった。7世紀のマラッカ海峡の交易ルートを広...