アジア

タイ人

タイ王国の基盤を創り上げた民族 現代のタイ王国における主要民族。タイという言葉は「自由」を意味すると言われているが、古くは中国の「大」が訛ったもので、大人=立派な人、独立した人、奴隷ではない人という意味があり、そこから自由なとい...
アジア

ランナー人

第二のタイ王国を誕生させた民族 小タイ族と同じくタイ族諸派に属する民族で、主にチェンマイ県やチェンライ県と中心としたタイ北部に分布している。11世紀に建国されたランナー王朝の主要な民族で、20世紀に小タイ族のチャクリー朝に併合さ...
アジア

トンブリー王朝

15年という短命に終わったトンブリー王朝 トンブリー王朝は現在まで続くチャクリー王朝の前の王朝にあたり、1767年から1782年までの15年という短さで幕を閉じてしまった短命の王朝でもある。コンバウンビルマによって滅ぼされたアユ...
アジア

山岳少数民族

同化されゆく少数民族 タイ北部の山岳地帯に分布する少数民族諸派。その多くは雲南省を主要とした中国南西域を起源とする民族で、後に漢民族に追いやられ、タイ、ミャンマーなどの山岳地帯に移り住んだと考えられている。近年はミャンマー国内に...
アジア

イサーン人

タイ北東部広域に分布している民族。 タイ北東部イサーン地方に分布しているイサーン人は、ラーオ語に非常に近い言葉(イサーン語)を母語とするラーオ族と、高地クメール語を話すクメール人を含む民族である。イサーン地方はタイの中でも最も貧...
アジア

ランカスカ王国

商業港として栄えたランカスカ王国 ランカスカは、マレー半島にある古代マレー(ヒンドゥー仏教)王国である。名前はサンスクリット語に由来し、「輝かしい土地」を意味する「langkha」と「至福」を意味する「sukkha」の組み合わせ...
アジア

チャクリー王朝

現在まで続くチャクリー王朝 のちにラーマ1世と呼ばれることになるチャオプラヤー・チャクリーは1782年にタークシン大王を処刑。王位を剝奪し、チャオプラヤー川に囲まれたラッタナーコーシン島に王宮を構え現在まで続く王朝の王として即位...
アジア

タイの環境問題

深刻化するタイの環境問題 急激な経済発展と工業化とによってめざましい発展を遂げてきたタイ。しかしその急激な発展と引き換えに、中心に様々な環境問題が引き起こされている。特に工場が集中するバンコクと周辺の県では大気汚染や水質汚濁など...
アジア

シュリーヴィジャヤ王国

貿易の中心として繁栄したシュリーヴィジャヤ王国 スマトラ島東南部からマレー半島にかけて、7世紀頃から繁栄したマレー人の王国。扶南に代わって東南アジアの貿易の中心として繁栄した港市国家であった。7世紀のマラッカ海峡の交易ルートを広...
アジア

繰り返されるデモとクーデター

繰り返されるデモとクーデター 2020年12月現在、タイでは9月頃から本格化した若者による反政府集会やデモ行進が今もなお続いている。デモを行う人々が求めているのは首相の辞任と王室改革である。今までタイでは政治家の汚職や経済状況の...