アジア

扶南国

インドネシア半島で最初に興った国 現在タイの中部に位置するチャオプラヤー川下流域の湿地地帯は、インドネシア半島に最初に興った「扶南国(ふなんこく)」の領土であったと考えられている。この扶南国は当初、生活を生計するためにオーストロ...
アジア

タイ北部の地理

独自の文化を持つタイ北部の地理 北部はタイ族最初の王朝ともいわれるスコータイ王朝も北部の地で栄えたエリアとして知られている。ラオスやミャンマーの国境付近には山岳地帯が広がっており、様々な山岳少数民族が分布している。ラオスやミャン...
アジア

タイ中央部の地理

肥沃な大平原が広がるタイ中央部 首都バンコクのあるタイ中央部。古くから王朝の都が置かれ、常に経済・経済・政治の中心としてめざましい発展を遂げてきた。タイ北部や西部の山間地を水源とするチャオプラヤー川の下流域に位置し、流れが集まる...