ランカスカ王国

商業港として栄えたランカスカ王国

ランカスカは、マレー半島にある古代マレー(ヒンドゥー仏教)王国である。名前はサンスクリット語に由来し、「輝かしい土地」を意味する「langkha」と「至福」を意味する「sukkha」の組み合わせであると考えられている。王国はマレー半島で設立された最も初期の王国の1つであるといわれている。王国は2世紀に設立されたと考えられている。

地域

ランカスカ王国は現在のマレーシア・クダ州、クランタン州、トレンガヌ州及びタイ国のパッターニー県、ヤラー県、ソンクラー県、サトゥーン県を領有していた。

宗教、経済

ヒンドゥー教を国教として、6世紀から7世紀に経済的に最も繁栄したが、11世紀のチョーラ朝による侵攻を期に、ランカスカ王国は商人の訪れる主要な商業港としての役割を終えた。

建国の歴史

ランカスカ王国は2世紀初頭に建国されたと考えられている。 その後、3世紀初頭の扶南国の拡大により衰退期を迎えた。6世紀に王国を復活させ、中国に使者を送り始めた。 バガダッタ国王は西暦515年に中国との関係を確立し、さらに523年、531年、568年に大使が派遣された。しかし、8世紀頃にはシュリーヴィジャヤ王国の支配下に置かれ、13世紀、ランカスカ王国はシュリーヴィジャヤ王国の属国となってパレンバンへ遷都し、パタニ王国が成立した

貿易を支配していた港

西暦2世紀に設立されたヒンドゥー仏教のランカスカ王国は、仏教の巡礼航路として知られていた。王国は、タイ湾に向かう船やタイ湾から到着したばかりの船の停留所としての役割や、中国、インド、および地元の貿易業者の取引場所として機能していた。ランカスカ王国は6世紀と7世紀に最大の経済的成功を収めたが、その後、主要な貿易の中心地として衰退していった。11世紀を迎える頃にはランカスカ王国はもはや商人が訪れる主要な港ではなくなってしまった。衰退の理由は、海につなぐ水路の沈泥によるものであったと考えられている。

国家のインド化

ブニ文化を持つジャワ島とバリ島の北海岸の地域は、2世紀の早い段階でインドと取引していたと考えられている。したがって、ランカスカ王国は18世紀から19世紀前頃には既にインド化していた王国であり、東南アジアで最初の王国の1つになっている可能性が考えられる。

動画コンテンツ

vraboコンテンツ

関連リンク

政治経済

  •  
  •  
  •  

歴史

  •  
  •  
  •  

民族

  •  
  •  
  •  

地理

  •  
  •  
  •  

関連教育ツアー